{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

蛇の棲む水たまり

2,200円

送料についてはこちら

文: 梨木香歩 , 器:鹿児島睦 , 編集:永岡綾 , 撮影:清水健吾 , ブックデザイン:サイトヲヒデユキ / 発行:ブルーシープ / A5変型判(195mm×153mm×11mm)/ 68P / ハードカバー / 2023年10月発行 「陶芸家の鹿児島睦さんの展覧会が開かれます。新作の器を見て、そこからお話を作っていただけませんか」 依頼を受けた作家の梨木香歩さんは、色や形のさまざまな器に草花に馬や象、蛇などの生き物が描かれた200点の作品を1枚ずつ、何度も繰り返し見ながら物語を紡ぎました。梨木さんの物語を受け取った鹿児島睦さんは、何度も読んで反芻し、ラストシーンに新しい1枚を制作しました。 本書は「鹿児島睦 まいにち」展にあわせて生まれた展覧会関連書籍です。 水たまりを見つけのぞき込む馬のように、水たまりに棲む蛇に、会いにいってください。 展覧会「鹿児島睦 まいにち」展 2023年10月7日(土)ー2024年1月8日(月) PLAY! MUSEUM(東京・立川) 2024年2月24日(土)ー4月14日(日) 佐野美術館(静岡・三島) 2024年 4月24日(水)−6月23日(日)  福岡県立美術館 (福岡・博多) *梨木香歩(なしき・かほ) 作家。小説に『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』『丹生都比売 梨木香歩作品集』(新潮社)、『家守綺譚』(新潮文庫)、『海うそ』(岩波書店)、『椿宿の辺りに』(朝日新聞出版)など。エッセイに『ほんとうのリーダーのみつけかた』(岩波書店)、『炉辺の風おと』(毎日新聞出版)など。児童文学作品に『岸辺のヤービ』(福音館書店)などがある。 *鹿児島睦(かごしま・まこと) 陶芸家・アーティスト 1967年福岡県生まれ。美術大学卒業後、インテリア会社に勤務しディスプレイやマネージメントを担当。2002年より福岡市内にある自身のアトリエにて陶器やファブリック、版画などを中心に制作。日本国内のみならず、ロサンゼルス、台北、ロンドンなどで個展を開催、近年では世界中にファンが広がっている。作品制作の他、国内外のブランドへ図案の提供も行っており、陶器にとどまらずファブリックやペーパーなど様々なプロダクトを発表。また、国際的なアートプロジェクトへの参加や、空間への壁画制作など活動の幅は多岐に渡る。

セール中のアイテム