{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

音としてひとつ、手のひらにのる

1,650円

送料についてはこちら

著者:古井フラ , 装画:nao / 出版社:セルフパブリッシング / B6変型判(182mm×118mm)/ 104P / ソフトカバー(表紙 銀箔押) / 2023年 8月発行 絵や、詩の創作、本づくりを中心とした活動を行う古井フラ。喪失から生まれた詩と三篇のエッセイ。前詩集『静けさを水に、かきまわす』の流れを汲んだもので、装画は同じくパートナーの nao さんが手掛けた顔彩画。 表紙には銀箔押し加工をしています。前詩集同様、紙にもこだわった一冊。 *古井フラ(ふるい・ふら) 絵と詩、本づくり ふらふらと気の向くまま、絵と詩の創作をしています。 それらを本にして、活動をしています。 機会があればぜひ、手にとってみてください。 【略歴】 幼少期、ドイツ・デュッセルドルフ 在住 大阪芸術大学美術学部版画コース卒業 紙器パッケージをメインとする印刷会社で、グラフィックデザインの仕事に携わる 仕事の傍ら、詩や線画、ライフワークのクロッキー画等の創作を続ける 2017年より、古井フラ名義で自主出版活動を始める 詩集、詩画集、マンガ等を発行。装丁デザインも自らおこなう 現在、奈良県在住

セール中のアイテム