{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

TAMPOPO 13

2,750円

送料についてはこちら

企画・編集・制作:コラクソー / 出版社:コラクソー / B5判(257mm × 183mm) / 224P / ソフトカバー / 2023年 7月4日発行 すべての食いしん坊に告ぐ。 今すぐに『タンポポ』を観よ! 伊丹十三は、ラーメンを隠れ蓑に、「生きること」「死ぬこと」「食べること」の意義をこの映画を通じて伝えたかったのだ。 公開から約40年を経てラーメンは、日本を飛び出して世界の国民食へと昇華した。 新型コロナウィルス、ブラック・ライヴズ・マター、さらにはロシアによるウクライナ侵攻。 世界が揺らぐ今だからこそ、ラーメンをすすりながら改めて、「生きること」「死ぬこと」そして、「食べること」について考える。 サイド・ストーリーは、サブ・ストーリーにあらず! 第95回アカデミー賞最多受賞『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』の監督ダニエルズが影響を受けたと公言するように、アメリカ国内における『タンポポ』の評価は現時点で本家日本を凌ぐ。その差はなにか? “ラーメン・ウエスタン”を謳ったメイン・ストーリーに差し込まれる「13」のサイド・ストーリー。これを如何に読み解くか否か。実際に制作はサイド・ストーリーから執り行われ、ガン役を演じた渡辺謙はそのラッシュを観てから自身の撮影に臨んだことを公言している。 白服の男と情婦がお腹いっぱいに見せつける、エロティシズム。 ビジネスランチとスパゲティ講座に垣間見る、謙遜の美徳と崩壊。 ホームレスが教えてくれる、エレガンス。 詐欺師の老紳士やカマンベールの老婆が投げかける、執着心。 歯医者の治療で見え隠れする、フェティシズム。 走る男とひん死の母ちゃんが教えてくれた、死生観。 流して観てはならない、大切なこと。 没後25年。“伊丹愛”に溢れたアウトサイダーたちが、13のサイド・ストーリーから『タンポポ』を紐解く一冊。 〈寄稿者〉 菅付雅信(編集者)、梶野彰一(フォトグラファー・文筆家)青野賢一(文筆家・選曲家)、鍵和田啓介(ライター)林 伸次(bar bossa 店主・小説家)、猫沢エミ(ミュージシャン・文筆家)湯山玲子(著述家・プロデューサー)、長谷部千彩(文筆家)ヴィヴィアン佐藤(非建築家・美術家)、中島敏子(編集者)杉山恒太郎(株式会社ライトパブリシティ代表取締役社長)、平松洋子(作家・エッセイスト)、ウィリー・ブラックモア(米ジャーナリスト)、ホリー・ジュリエット・ランバート(詩人)

セール中のアイテム