{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『サントリーバー露口12ストーリーズ』初版・新装版 2冊セット

1,915円

送料についてはこちら

初版の①と新装版として出た②をセットにしました。 コロナ禍で3年経って、蔦で覆われたお店の外壁も表紙から読み取れます。 ①『サントリーバー露口12ストーリーズ』 著者:阿部美岐子 / 出版社:青舟社 / A5判 / 44P / ソフトカバー(ペーパーバック) / 2018年8月初版発行 愛媛県松山市の老舗BARと言えば、誰もが口にするのが"露口"。本書は、その「サントリーバー露口」の創業60周年を記念してつくられたミニブックで、同店に30年通う松山在住のライターが店の歴史を12のストーリーで綴っています。『サントリー角ハイボール缶 濃い目』のモデルともなったハイボールを提供する露口ご夫妻の歩みを本書でお楽しみください。 ②『サントリーバー露口12ストーリーズ+』 著者:阿部美岐子 / 出版社:青舟社 / A5判 (210mm×148mm)/ 49P / ソフトカバー(ペーパーバック) / 2021年8月発行 【サントリー角ハイボール缶 濃いめ】のモデルとなったハイボールを提供する愛媛県松山市にある伝説のバー「露口」。 本書は、その「サントリーバー露口」の2018年8月15日の開店60周年を記念してつくられたミニブック。2021年7月に地元テレビ局の連続ミニドラマの原作として取り上げられることが元となり、改訂版として装いも新たに刊行されました。この店の歴史を12のストーリーで紹介した本編に、60周年後の物語3編を新たに追加して、表紙の写真も撮り下ろし。 著者は同店に約30年通う松山在住のライター阿部美岐子さん。

セール中のアイテム