{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

絵本のなかへ帰る【完全版】

1,760円

送料についてはこちら

著者:髙村志保 , 装画:きくちちき / 出版社:夏葉社 / 四六判変形(180mm ×125mm) / 192P / ハードカバー / 2022年 12月発行 長野県茅野駅前の「今井書店」店主、髙村志保さんの「絵本」を軸としたエッセイ集。2021年2月に1500部限定で刊行されたものに書き下ろし4編を加えた「完全版」として再刊行されました。毎月約2,300冊もの月刊誌を子どもたちの元へ届けている髙村さん。可愛さや流行りの絵本でもなく、大人が読んでも心揺さぶられるような絵本を愛する彼女の人生を振り返りながら、その人生の節目節目を支えてきた31冊の絵本が紹介されています。初代店主であった父への思い、田舎で本屋さんを続ける葛藤などが自身の言葉で丁寧に綴られていて、本屋を続けていくことの意義を考えさせられる一冊です。 *髙村志保(たかむら・しほ) 1967年、茅野市生まれ。「今井書店」店主。 斎藤惇夫さんから贈られた言葉「静かにゆく者は遠くへゆく」を胸に、本を売り、届け、絵本の喜びについて講演する日々を送る。

セール中のアイテム