{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

79歳。食べて飲んで笑って~人生で大切なことは、みんな料理に教わった

1,760円

送料についてはこちら

著者:桜井 莞子 / 出版社:産業編集センター / 四六判(188mm×127mm)/ 136P / ソフトカバー / 2022年 11月発行 人生で大切なことは、みんな料理に教わったた──。 70代でお店「PAROLE(パロル)をオープンし、伊豆と青山で2拠点生活を行う桜井莞子による、"好き"であふれた日々を送るための食のエッセイ集。チャプスイやジャンボシューマイにねぎま汁やタコスなど、彼女のパワーの源となっているとっておきメニュー10品も掲載。 *桜井 莞子 (さくらい・えみこ) 東京・南青山にある、ごはんや・のみや「PAROLE」の店主。デザイン事務所勤務後、結婚、出産、2児の母となる。ケータリング会社の経営を経て、西麻布に「ごはんや PAROLE」をオープンし評判に。還暦を機に引退を決意。悠々自適な暮らしを楽しみつつ、料理教室を始める。2014年、70歳で一念発起し「のみや PAROLE」を開店。著書に『食通が足しげく通う店 PAROLEのおかず帖』(KADOKAWA/刊)、『白だし和食』 (講談社/刊)、 『ちゃんと覚えたい乾物料理の基本―乾物じょうずは和食じょうず』(成美堂出版/刊)がある。

セール中のアイテム