{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

世界に放りこまれた(著者サイン本)

1,430円

送料についてはこちら

著者:安達茉莉子 , 挿絵:安達茉莉子 , 写真:成重松樹 , 装幀:横山雄(BOOTLEG) / 発行:ignition gallery(twililight)/ 新書判変形(182mm×116mm)/ 64P / ソフトカバー/ 2022年 11月発行 ※個体によってサインに添えられているイラストが異なりますがご了承くださいませ。 『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)、『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(三輪舎)、『臆病者の自転車生活』(亜紀書房)など、言葉と絵による作品発表を続け、多くの人を力づけている安達茉莉子さんにとって、言葉だけで綴った初めての詩集です。 「歩きながら、電車の中で、道端で、湧き上がる言葉を拾い上げた。何もかもが変わっていくような予感だけがあったが、現実的にはまだその前夜といったところで、身動きが取れないまま予感を感じ続けるような、もどかしい時間を過ごしていた。新しい世界はすぐそこにあり、放りこまれてみたい。とことん無防備になってみたい、というじりじりした気持ちは、そのまま言葉に転写されていった。」 (あとがきより) 《目次》 箱舟 世界に放りこまれた         CO2削減 村娘A ywnlm ♯1 最高のもの            剥き身クラブメドレー        ほんたうのさいはひとは 犬ぞり極夜行 NGC 1947 ywnlm ♯2 miracle/ chance 無限果樹園 Re:NGC 1947 ふたつがつながるとき          ywnlm ♯3             L.Y.L あとがき *安達茉莉子 (あだち・まりこ) 作家、文筆家。東京外国語大学英語専攻卒業、サセックス大学開発学研究所開発学修士課程修了。政府機関での勤務、限界集落での生活、留学など様々な組織や場所での経験を経て、言葉と絵による作品発表・エッセイ執筆をおこなう。著書に『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』(ビーナイス)、『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』(MARIOBOOKS)、『毛布 - あなたをくるんでくれるもの』(玄光社)ほか、2022年9月に新刊エッセイ集『私の生活改善運動 THIS IS MY LIFE』(三輪舎)、『臆病者の自転車生活』(亜紀書房)を刊行。 Web mariobooks.com Instagram @andmariobooks Twitter @andmariobooks

セール中のアイテム