{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

それでも、世界はよくなっている

1,980円

送料についてはこちら

著者:ラシュミ・サーデシュパンデ , 訳者:神田 由布子 / 出版社:亜紀書房 / A5判(210mm×150mm×15mm) / 176P / ソフトカバー / 2022年 5月発行 戦争、洪水、貧困……世界は恐ろしいニュースにあふれている。 世界はほんとにお先まっ暗なのか?  ――〈答えはNOだ!〉 民主主義の社会に暮らす人がいまほど多い時代はない。学校に通う子どもの数も一番多いし、女の子の数も一番多い。清潔な水やトイレを利用できる人の数もいままでで一番多い。多くのアートが自宅のソファで見られるようになっている。貧困率も下がっている。気候変動を抑えるために森を守る人が増えている。政治のトップには女性たちが入るようになった。 ほらね。まだまだ捨てたものじゃない。 データや事実を見てしっかり読み解くことで真の意味がわかり、これからの希望が見出せる一冊です。 〈目次〉 ■はじめに ■第1章 人はやさしさと共感と希望にみちている ■第2章 政治はよくなっている――リーダーとドリームチーム ■第3章 美しい地球を取りもどす――環境を守る ■第4章 すべての人をすこやかに――世界に医療と衛生を ■第5章 みんながかがやける社会に――不平等をなくす ■第6章 アートってすばらしい――エリートでなくてもOK ■これからのこと ■おもな情報源 ■訳者あとがき

セール中のアイテム