{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

中国民衆玩具 ー日本玩具博物館コレクション(民衆藝術叢書)

3,850円

送料についてはこちら

著者: 尾崎織女, 写真:高見知香 , 企画・原案:軸原ヨウスケ / 出版社:大福書林 / A5判変型(164mm×155mm×27mm) / 304P / ハードカバー / 2022年 7月発行 大地と民衆が育んだ素朴美が420点大集結! 小さな博物館の膨大な玩具コレクションの背景には、激動の時代をこえて玩具文化の灯をつなごうと尽力した人々、素朴な造形美に打たれ、調査・蒐集にのめり込んだ人々があった。 中国大陸の東北から西南へと旅して、民衆の手による素朴な玩具をひとつずつ、土地の文化慣習をひもとき紹介する図鑑。満州で蒐集された貴重なコレクション群を含む圧倒的な作品数、玩具学芸員による時代・素材・文化背景をおさえた詳細な解説、美しい造本・写真に加え、歴史に翻弄されながらも玩具を破壊と衰退から命がけで守ろうとした人々の熱い思いが伝わる愛蔵版。 *尾崎織女 (おさき・あやめ) 1962年、兵庫県姫路市生。ミシュラン二つ星を獲得した日本玩具博物館の学芸員として、30余年にわたり、世界各地の人形玩具の調査・蒐集を担当。世界のクリスマス展」や「雛まつり展」「端午の節句展」をはじめ、館内外での展覧会企画に従事。素材や技術、国と文化など多岐にわたる専門知識を必要とする玩具の学芸員は国内でも数少ない。ブラジルや上海、韓国ほか国際展においても展示企画や図録執筆を担当し、玩具文化の紹介に努める。令和3年度姫路市芸術文化奨励賞受賞(民芸玩具)。 高見知香 (たかみ・ちか) 兵庫県明石市生。都内スタジオ勤務後ロケアシスタントを経て独立、ウェブ・雑誌・書籍など幅広い媒体で活動中。撮影を担当した書籍に『世界の民芸玩具 日本玩具博物館コレクション』(大福書林)、『カワイイヲリガミ細工』(誠文堂新光社)、『本をつくる』(河出書房新社)など。 *軸原ヨウスケ (じくはら・ようすけ) 1978年生。デザインユニットCOCHAEのメンバーであり、デザイナー。折り紙パズル「ファニーフェイスカード」が日本グッドデザイン賞2008受賞、『猫のパラパラブックス』が造本装幀コンクール2013審査員奨励賞、『トントン紙ずもう』がグッドトイ2013選定など受賞多数。著書に『武井武雄のこけし』、『アウト・オブ・民藝』など。

セール中のアイテム